キッチンっていくら収納があってもイイですよね♪
kitchen本体もたくさん引き出しを作って製作したのですが、
引っ越し準備をしているとまだまだ収納力が足りない模様・・・!
というわけでキッチンキャビネットを作ることにします。
設置場所ですが、
CIMG8113_R
家電カウンターと冷蔵庫の間。
いつもの簡単イラスト。
CIMG8085_R
若干左に傾いていて恐縮ですー(笑)。
サイズはW800、D350、H800。
高さはキッチン背面の家電カウンターに合わせて。
上段が引き出し、下段がスリガラスの食器棚というカンジ。

では早速製作Go。
CIMG8064_R
パイン集成材と、1x4材を半分に挽き割った棒たちで本体の枠づくり。
枠に使う棒たちですが、
CIMG8065_R
簡易ポケットホール治具で穴あけ。からの、
CIMG8071_R
ボンド付けてクランプ圧着でねじ止め。で、早くも枠完成。

続いて天板。
CIMG8076_R
25mm厚杉板に溝掘ってサネはめて、
CIMG8077_R
miniクランプ祭り。はい、天板も完成ー。

続きまして、扉をば。
30mm厚杉板を挽き割って木取りしマスが、
CIMG8072_R
自然の摂理?によってギュイーンと反りかえっているので、
CIMG8073_R
真っすぐな杉フローリングとトリマーさんのパターンビットで平面出しまして、
CIMG8075_R
キュイーンと切り刻む。幅は縦框45mm、横框60mm。
ただのネジ合体じゃ若干寂しいんで、
CIMG8080_R
ダボ穴治具で6mmの穴を開ける。すると、
CIMG8081_R
こんな具合。許容範囲とする(笑)。
CIMG8082_R
扉枠、完成。この後、ペーパーでツルツルにしときました。
で、これにハメるガラスですがチョット無謀なことをします(笑)。
CIMG8078_R
取引先の方にもらったアクリルのキズモノ板を寸法に切りだす。
アクリルカッターがベストですが、普通のカッターでも不可能ではないっす(笑)。
CIMG8079_R
すりガラススプレーを吹いてみた。
アクリルへの塗装は推奨されていませんが、まぁ大丈夫そう。
スリガラス「風」なわけですが、割れないので安全ではあります。

というわけで本日はここまで。
次回は引き出しを準備して、一気に仕上げマス(^^)