DIYでラスティック&シンプルなテレビ台を作るよー、の枠組み編。

弟のお嫁さんのお兄サマが新居を構えられるということで、
テレビ台製作を依頼していただきマシタ。
弟が家を建てた時に新築祝いで作ったテレビ台を気にいってくれたそうな。
それは張り切って製作せねば!

ご希望のサイズをお聞きして、
あと収納部分の扉は観音開きで、というご指定。

その他はお任せで~ということで製作開始。
予算を抑えるために可能な限りうちにある端材を使わせてもらうことに。
いつも通り簡単イラスト作図。
CIMG7548_R
サイズはW1000・D360・H450。
収納部分は2段、上段はプレーヤーで下段がDVD収納。
棚板のSPFはHCで、天板の杉板は材木屋さんで購入。
あとはほとんどうちにあるので何とかなりそうだなー。

まずは製材。
CIMG7549_R
24mm厚・杉のザラザラーなラフ板を自動カンナでツルツル22mmに。
これが天板と観音な扉に。

続いて脚と側板の加工。
CIMG7550_R
ホゾで組みたいですが手間省略(^^ゞ、ヤトイザネで接合っす。
ただボンドで付けるだけのイモハギよりは、結構マシ。
38x40の脚と側板に横溝ビットで穴ほり。
CIMG7551_R
溝にボンドを入れてベニヤで作った実を差し込んで接合。
CIMG7552_R
クランプで圧着。
CIMG7553_R
その他のみなさまもイッパイ圧着中。
接着待ちの間に他の部材などカットして準備しておきます。

ボンドが硬化したら、合体作業。
まず脚+側板に上段の棚板をくっつける。
CIMG7554_R
端材を接着ラインにクランプで固定して、そのうえに棚板を乗っけるとラク。
側板の表側からボンド+ビスでバシバシ固定していく。
で、
CIMG7555_R
枠完成。この後、枠上部に四隅の補強をしときました。

次に扉の加工。
CIMG7556_R
2枚接着した板の両サイドを同じ厚みで幅30mmの角材で補強。
これまたボンド着けて圧着した後、
CIMG7557_R
下穴開けてビスで固定、この後ダボ穴かくしをしておきます。
ホントは粋に「ハシバメ」とかやりたいですが・・・これまた省略(^^ゞ。

というわけで今回はここまで。
次回は仕上げの作業をして完成させマース。