『nicoworks』(にこわーくす)は福山市でCafe・雑貨・尾道・北欧が好きなインテリアコーディネーターがナチュラルでシンプルな家具&小物をハンドメイドしている木工房です*

隠れ家的コビトなおうちで、ほっこり&すっきり暮らし*Cafeを巡り、家具をつくり、古民家をDIYで改装中。つくる楽しさをお伝えします*

*にこわーくすのYouTube、やってマス♪古民家をDIYした隠れ家的コビトなおうちでノマドな田舎暮らし・楽しいDIYの模様などほっこりお伝え中デス!*

丁寧にレストアされた古家具やレトロ雑貨が並ぶアンティークショップ。
「NEJIRO antiques 向島」。
CIMG9012_R
ねじろあんてぃーくす・むかいしまサン、です。
三原でネジロアンティークス&Cafeをやってる海好きのオーナーさんが、空き店舗を改装して2018年10月にopenされた古道具店ですね。
うちの改装小屋のトイレには、三原のネジロさんで買った破格1万円のドアを取り付けてます(^^)

で、場所はフレスタ向島店の道を挟んでお向かいになります。
CIMG9016_R
マリンなライト&板張りのオシャレな玄関と、開放的なガラス張りのファサード。
NEJIROと書いてあるのは古いノコギリですが、昔の人はよくこんなので大木を切っていたもんだと心から敬服(^^ゞ
今はチェーンソーでチュンッ!ですからねー。
CIMG9021_R
イスやらテーブルやらイッパイ。
古いものでしょうが、ボロボロではなく使える状態に修復されています。
CIMG9023_R
器とかもイッパイですが、ギターやトランペットもあった。
CIMG9017_R
黒電話。うちにもあったなぁ。
CIMG9020_R
ガラス張りのサンルームを物色していると、
CIMG9022_R
山仕事で使えるごついシャックルを発見。
右上のヤツですが、錆びてるけど全然使えるのに300円で安かったので購入♪

とにかくいろんなものが置いてあり、よーく見ていると「おっ!」と思うものが見つかったりして、楽しい時間を過ごすことができるshopさんでした☆
土日休みなのがキビシイですが(^^ゞ

ちなみに古モノの買取もされているそうなので、お困りの方はご相談を。

「NEJIRO antiques 向島」
おところ 尾道市向島町5581‐20
おでんわ 0848-45-1789
おじかん  11:00~16:00
おやすみ 土日
おくるま あり(1台)

地元の食材を使った洋風なオデンが名物のバル式レストラン。
「AUTHENTIC JOURNEY」。
CIMG9011_R
オーセンティックジャーニーさん、デス。
角地に建ってる3F建てビルをリノベしたお店で、開放的な木製のデカい建具と錆びついた看板がシブイ外観。
場所は福山駅前、旧キャスパビルの目の前で老舗ダイコクドラックのお隣くらいですねー。
キャスパといえばお隣のとーぶホテルと一緒に解体して新しいビルを建築する再開発事業がやっと動き出しそうです。
駅周辺の賑わい復活を期待しますが、ハコも大事だけど結局は中に入るテナント群が魅力的じゃないと無理なわけなので、ハードルは高いでしょうが開発主体者の行政と民間2社にはぜひ頑張っていただきたいところ。
もちろん市民の参加や協力も必須とは思います。

でジャーニ―さんですが、オープン当初なかったランチ営業を始められたのは知っていたけれどなかなかタイミングが合わず、やっと行くことができたという運びです(^^♪
1Fは、
CIMG9007_R
厨房&でかいセンターテーブルとカウンターっていうカンジ。
とてもイマドキなsenseの内装ですが、そんな中で「洋風ODEN」とかかれた提灯が素敵(笑)。
で、2Fへご案内。
CIMG9006_R
鉄階段を上がると、
CIMG8995_R
これまたcoolな空間。
やはり目を引くのは真ん中に置いてある堅牢な作りの引き出し収納?で、とにかくしっかり丁寧に作られていて感心。
まぁフツーの住宅では置き場がないでしょうが(笑)。
CIMG8993_R
ソファ席がある壁際にはプロジェクターで映像が映し出されている。
いかにも結婚式の二次会やるんだろうなーっていうカンジですねー。

ランチは3種類ですが、行った時間が遅くて限定カレーランチは売り切れということで週替わりjourneyランチを注文。
CIMG8998_R
たきこみご飯or自家製パン、お肉とお魚、サラダ、スープ、小皿で980円。
今週のメインはおろしポン酢がかかった牛肉と、白身魚のタンドリーチキン風。
ちょっと濃いめの味付けでご飯がすすみ、サラダもドレッシングが美味しくてペロリ。
密かに豆とフライドオニオンとハムが混ざった小鉢がおいしかったっす。
+220円でドリンクセットにできるので珈琲を頼みましたが、
CIMG9001_R
コンビニスタイルだった(笑)。
とはいえビター濃いめでおいしくいただきました。

夜営業も看板の洋風オデンが食べれて良いですがCafetimeも日替わりでスイーツを提供されていて、また違う時間帯に訪れたいですねー(^^)
それにしても、
CIMG9005_R
カッコいいガラスのペンダントライト。高そう(笑)


「AUTHENTICJOURNEY」
おところ 広島県福山市三之丸町3-1
おでんわ (084)-961-3305
おじかん ランチ11:30-14:00
    Cafe 14:00-16:30
    ディナー 17:00-24:00(L.O. 23:00)
おやすみ  不定休
    ランチ&Cafeは月曜やすみ
         ※17:00〜ディナーは営業

うちに転がってる端材で、木製のゆるーい雛飾りをつくってみよう!の巻。

今年も桃の節句が近づいてきまして、玄関ニッチの飾り棚にちっちゃいおひな様を飾ってみようかな~なんて思ったのですが、検索してみるとこれがなかなかのお値段!
とても精巧に作り込まれた工芸品のかわいいおひな様は商品クオリティもさることながらお値段の方も軽く数万円を超えてきます・・・・
うちはそこまで求めていませんし、やはり今回も自分好みのちょうどいいのを作ってみることにします♪
テーマは、「とにかく、ゆるーく♪」。
細かい芸当はニガテなので、とにかくシンプルに、ほっこりゆるびなを目指すゾ☆
というわけで、サイズや形を図で検討します。
CIMG8973_R
こんなカンジ?
完成品は幅10センチの、高さ8センチくらいになる予定。
パーツを準備しマス。
CIMG8974_R
細かいパーツを作るのはニガテ(笑)。
ちなみにお内裏様はウォルナット、おひな様はチェリー、お顔はお二人ともメープル、烏帽子はお二人ともウォルナット。
これらをボンドで接着し、
CIMG8975_R
テープでぐるぐる巻いて固定。
接着を待ちながら、ゆるビナの命、ゆる~いお顔を半田ゴテで焼き入れる。
あとはテープをはがして蜜蝋ワックスを塗布すれば完成♪
早速、玄関ニッチに飾ってみました。
CIMG8978_R
めちゃゆるー。
うちにはこのゆるさがちょうどいいっす(笑)。
奥様は喜んでくれました(^^♪

最近は住宅事情もあってコンパクトなひな飾りが多くなり、収納場所がないということでそもそも雛飾りをしないおうちも多いと聞きます。
無病息災を願いおはらいをするという意味で平安時代から続いてきた風習なので、これからもそれぞれの家庭で時代に合わせながら続いていったらいいなーと思いますね☆

以上、超ゆるーい木製の雛飾りをつくってみよー!の巻でした。

尾道のお寺や神社に囲まれた、静かな路地にある小さな喫茶Cafe。
『喫茶オルタナ』
CIMG8966_R
おるたなきっさサン、です。
狭い間口に、すりガラスが入った木製の建具がかわいい素敵な外観。
電力量計のカバーが茶色なのがnice。
場所は尾道の飲み屋街?「新開地区」にあって、尾道駅からは歩いて15~20分くらいですかね。
開店はちょうど1年前くらい、お隣のクロワッサン店「キャッスルロック」さんと一緒によく雑誌等で紹介されてます。
CIMG8968_R
こちらのクロワッサン、尋常じゃないサックサク度なのでぜひ一度お試しください♪
「尾道新開Bishokuプロジェクト」というものがあり、そこから新店が続々とOPENしているようです。
CIMG8965_R
店内入ったところ。
細長いウナギの寝床的間取りで、連棟長屋といえばコレっていうかんじ。
ぶら下がった裸電球に可愛いタイル張りのカウンター、昭和レトロな椅子や古道具がたくさんですが、整然と並べられた食器類に調理器具はステンレスで空間がビシッと締まっている。
元居酒屋さんだったわけですが、若い女性の店主様が物件探しをしていたときに、一人で切り盛りできる広さや近所にお寺や神社が多い立地にピンときて、決められたそう。
一度スケルトンに解体してのリノベなので、店主様のこだわりが色々感じられる。
CIMG8954_R
お店の奥のテーブル席に座らせてもらった。
レトロ本棚に、司馬遼太郎や村上春樹がいっぱいあった。
シバリョウ好きですが、個人的には「新史太閤記」!
秀吉ラブ(笑)。
本棚の右にトイレあります。
CIMG8953_R
奥から。
この階段は掛け直したそうで、元は超急角度だったらしい。
昔の家の階段って、なんであんなに急なんすかね(笑)。
オルタナさんといえば台湾料理「ルーロー飯」なんですが、ランチのタイムリミット14:30に間に合わず、この日はお茶することに。
CIMG8959_R
ベリーのチーズケーキのセット、850円也。
ドリンクは珈琲or紅茶。
なんとも滑らかなチーズケーキにフランボワーズの酸味がちょうど良。
店主様、もとは京都で長いことパティシエールされてたのですー。
店内若干寒いので、アイスで体温低下(笑)。
ブランケット置いてあるので、ぜひ使わせてもらいましょう♪
店内色々面白くて、
CIMG8964_R
本をパラパラとめくっているっぽい照明とか、
CIMG8955_R
黄味がかった漆喰の壁ですが、牡蠣殻入りのいいヤツかなー。
色味とデコボコしたカンジが、素朴であったかな雰囲気で良。

次はランチでいきたいですねー。
帰りに色々伺いましたが、準備してる数が少ないみたいでランチは予約していったほうが良いそうです。
ニコニコ対応ではないですが、とても丁寧で腰の低い素敵な店主様でした(^^)
あと、店主様は落語がお好きなようで、店内BGMがおどろきの「落語」♪
僕、落語好きなんで居心地よかったなー。
古今亭志ん朝師匠、好きです(笑)

「喫茶オルタナ」

おところ 広島県尾道市久保2-6-34
おでんわ 0848-37-6946
おじかん 9:00~18:00
おやすみ 月曜、第2&4火曜
おくるま なし。近隣のコインPへドウゾ。

ドイツ、チェコ、オーストリア、ハンガリーなど東欧雑貨を扱う雑貨店。
「krapfen baum」。
CIMG8944_R
クラッフェンバウムさん、デス。
1Fはガレージで、お店は鉄の階段上がって2F。
ルパン3世でおなじみ、ころんとカワイイFiat500がいる♪
場所は玉野市宇野駅の近くの商店街?の中ですね。
初めて行きましたが、ん?っと気になるリノベされたカンジのオシャレなお店が結構あり、改装工事中の店舗もあったりで楽しそうな場所デス。
ただ、日曜日休業のところが多いのがタマにキズ(^^ゞ

こちらに伺う前、腹ごしらえで軽くカフェ飯しました。
CIMG8932_R
「BOLLARD COFFEE」、ボラード珈琲さんです。
4F建てのシブイビルの、1F右側。
向かって左はハンバーガー屋さんですが、日曜休みでした(^^ゞ。
宇野港がすぐ近くで、
CIMG8931_R
お店の前の道の向こう側、海っす。
CIMG8929_R
厨房と、2人掛けテーブル席3つとベンチが1個だけのちっちゃなお店。
ドリンクと軽食がいただけます。
CIMG8924_R
マフィンが2つとレモネードのセット、750円。
バター卵不使用で豆腐を使ったヘルシーなマフィン、うまし。
それと、
CIMG8927_R
ハニーマスタードチーズトーストと珈琲のセット、650円。
有機マスタードに玉野のはちみつ、いろんなチーズが載ってて、パンもおいしくて良。
この日はかわいいお姉さんがお一人でやってまして、入れ代わり立ち代わり結構お客さん来てました。
どうやらお姉さんはお店の構造的に厨房から出てこれないようで、呼ばれたらカウンターに取りに行くスタイルが新鮮(笑)で、帰るときも食器をセルフで戻しまーす。

で、クラッフェンバウムさんへGO。
ボラードさんから、車で数分です。
CIMG8942_R
この階段を上がる。
CIMG8941_R
赤と緑のガラスがかわいい扉が入口。
CIMG8939_R
オーナーさんが現地で買い付けてきた雑貨達がいっぱい。
僕は北欧のインテリアが好きですが、北欧はポップでシンプルで柔らかいイメージで、東欧は素朴でなんだか懐かしさを感じるレトロなイメージですかねー。
キッチンアイテムにファブリック、ステーショナリー、かわいいお人形さんとか、大きくはない店内ですが品揃え豊富。
店主様はもともと静岡で雑貨店をしていて、縁あって2年前にこちらに移られてきたそうな。
で、この方々を買って帰りました。
CIMG8948_R
ド定番、マトリョーシカ。
可愛いのもありますが、真ん中が男の子でオモシロイなー、と。

かわいい雑貨、サイコー!
家の中、モノだらけになっちゃいますが。。。。
インテリアは引き算である、とか、日ごろ言ってるんですけどねぇ。
人間とは矛盾した存在である(笑)。

楽しい玉野の1日デシタ☆

「krapfen baum」
おところ 岡山県玉野市築港1丁目11-22
おじかん 12:00〜18:00
おやすみ 火・水・木
おでんわ 0863-33-0803
おくるま なし。
HP krapfen-baum.ocnk.net/


「BOLLARD COFFEE」
おところ 岡山県玉野市宇野1-7-3東山ビル 1F
おじかん 8:00~17:00
おでんわ 090-4812-8845
おやすみ 水曜日
おくるま なし

↑このページのトップヘ