『nicoworks』(にこわーくす)は福山市でCafe・雑貨・尾道・北欧が好きなインテリアコーディネーターがナチュラルでシンプルな家具&小物をハンドメイドしている木工房です*

隠れ家的コビトなおうちで、ほっこり&すっきり暮らし*Cafeを巡り、家具をつくり、古民家をDIYで改装中。つくる楽しさをお伝えします*

*にこわーくすのYouTube、やってマス♪古民家をDIYした隠れ家的コビトなおうちでノマドな田舎暮らし・楽しいDIYの模様などほっこりお伝え中デス!*

うちに転がってる端材で、木製のゆるーい雛飾りをつくってみよう!の巻。

今年も桃の節句が近づいてきまして、玄関ニッチの飾り棚にちっちゃいおひな様を飾ってみようかな~なんて思ったのですが、検索してみるとこれがなかなかのお値段!
とても精巧に作り込まれた工芸品のかわいいおひな様は商品クオリティもさることながらお値段の方も軽く数万円を超えてきます・・・・
うちはそこまで求めていませんし、やはり今回も自分好みのちょうどいいのを作ってみることにします♪
テーマは、「とにかく、ゆるーく♪」。
細かい芸当はニガテなので、とにかくシンプルに、ほっこりゆるびなを目指すゾ☆
というわけで、サイズや形を図で検討します。
CIMG8973_R
こんなカンジ?
完成品は幅10センチの、高さ8センチくらいになる予定。
パーツを準備しマス。
CIMG8974_R
細かいパーツを作るのはニガテ(笑)。
ちなみにお内裏様はウォルナット、おひな様はチェリー、お顔はお二人ともメープル、烏帽子はお二人ともウォルナット。
これらをボンドで接着し、
CIMG8975_R
テープでぐるぐる巻いて固定。
接着を待ちながら、ゆるビナの命、ゆる~いお顔を半田ゴテで焼き入れる。
あとはテープをはがして蜜蝋ワックスを塗布すれば完成♪
早速、玄関ニッチに飾ってみました。
CIMG8978_R
めちゃゆるー。
うちにはこのゆるさがちょうどいいっす(笑)。
奥様は喜んでくれました(^^♪

最近は住宅事情もあってコンパクトなひな飾りが多くなり、収納場所がないということでそもそも雛飾りをしないおうちも多いと聞きます。
無病息災を願いおはらいをするという意味で平安時代から続いてきた風習なので、これからもそれぞれの家庭で時代に合わせながら続いていったらいいなーと思いますね☆

以上、超ゆるーい木製の雛飾りをつくってみよー!の巻でした。

尾道のお寺や神社に囲まれた、静かな路地にある小さな喫茶Cafe。
『喫茶オルタナ』
CIMG8966_R
おるたなきっさサン、です。
狭い間口に、すりガラスが入った木製の建具がかわいい素敵な外観。
電力量計のカバーが茶色なのがnice。
場所は尾道の飲み屋街?「新開地区」にあって、尾道駅からは歩いて15~20分くらいですかね。
開店はちょうど1年前くらい、お隣のクロワッサン店「キャッスルロック」さんと一緒によく雑誌等で紹介されてます。
CIMG8968_R
こちらのクロワッサン、尋常じゃないサックサク度なのでぜひ一度お試しください♪
「尾道新開Bishokuプロジェクト」というものがあり、そこから新店が続々とOPENしているようです。
CIMG8965_R
店内入ったところ。
細長いウナギの寝床的間取りで、連棟長屋といえばコレっていうかんじ。
ぶら下がった裸電球に可愛いタイル張りのカウンター、昭和レトロな椅子や古道具がたくさんですが、整然と並べられた食器類に調理器具はステンレスで空間がビシッと締まっている。
元居酒屋さんだったわけですが、若い女性の店主様が物件探しをしていたときに、一人で切り盛りできる広さや近所にお寺や神社が多い立地にピンときて、決められたそう。
一度スケルトンに解体してのリノベなので、店主様のこだわりが色々感じられる。
CIMG8954_R
お店の奥のテーブル席に座らせてもらった。
レトロ本棚に、司馬遼太郎や村上春樹がいっぱいあった。
シバリョウ好きですが、個人的には「新史太閤記」!
秀吉ラブ(笑)。
本棚の右にトイレあります。
CIMG8953_R
奥から。
この階段は掛け直したそうで、元は超急角度だったらしい。
昔の家の階段って、なんであんなに急なんすかね(笑)。
オルタナさんといえば台湾料理「ルーロー飯」なんですが、ランチのタイムリミット14:30に間に合わず、この日はお茶することに。
CIMG8959_R
ベリーのチーズケーキのセット、850円也。
ドリンクは珈琲or紅茶。
なんとも滑らかなチーズケーキにフランボワーズの酸味がちょうど良。
店主様、もとは京都で長いことパティシエールされてたのですー。
店内若干寒いので、アイスで体温低下(笑)。
ブランケット置いてあるので、ぜひ使わせてもらいましょう♪
店内色々面白くて、
CIMG8964_R
本をパラパラとめくっているっぽい照明とか、
CIMG8955_R
黄味がかった漆喰の壁ですが、牡蠣殻入りのいいヤツかなー。
色味とデコボコしたカンジが、素朴であったかな雰囲気で良。

次はランチでいきたいですねー。
帰りに色々伺いましたが、準備してる数が少ないみたいでランチは予約していったほうが良いそうです。
ニコニコ対応ではないですが、とても丁寧で腰の低い素敵な店主様でした(^^)
あと、店主様は落語がお好きなようで、店内BGMがおどろきの「落語」♪
僕、落語好きなんで居心地よかったなー。
古今亭志ん朝師匠、好きです(笑)

「喫茶オルタナ」

おところ 広島県尾道市久保2-6-34
おでんわ 0848-37-6946
おじかん 9:00~18:00
おやすみ 月曜、第2&4火曜
おくるま なし。近隣のコインPへドウゾ。

ドイツ、チェコ、オーストリア、ハンガリーなど東欧雑貨を扱う雑貨店。
「krapfen baum」。
CIMG8944_R
クラッフェンバウムさん、デス。
1Fはガレージで、お店は鉄の階段上がって2F。
ルパン3世でおなじみ、ころんとカワイイFiat500がいる♪
場所は玉野市宇野駅の近くの商店街?の中ですね。
初めて行きましたが、ん?っと気になるリノベされたカンジのオシャレなお店が結構あり、改装工事中の店舗もあったりで楽しそうな場所デス。
ただ、日曜日休業のところが多いのがタマにキズ(^^ゞ

こちらに伺う前、腹ごしらえで軽くカフェ飯しました。
CIMG8932_R
「BOLLARD COFFEE」、ボラード珈琲さんです。
4F建てのシブイビルの、1F右側。
向かって左はハンバーガー屋さんですが、日曜休みでした(^^ゞ。
宇野港がすぐ近くで、
CIMG8931_R
お店の前の道の向こう側、海っす。
CIMG8929_R
厨房と、2人掛けテーブル席3つとベンチが1個だけのちっちゃなお店。
ドリンクと軽食がいただけます。
CIMG8924_R
マフィンが2つとレモネードのセット、750円。
バター卵不使用で豆腐を使ったヘルシーなマフィン、うまし。
それと、
CIMG8927_R
ハニーマスタードチーズトーストと珈琲のセット、650円。
有機マスタードに玉野のはちみつ、いろんなチーズが載ってて、パンもおいしくて良。
この日はかわいいお姉さんがお一人でやってまして、入れ代わり立ち代わり結構お客さん来てました。
どうやらお姉さんはお店の構造的に厨房から出てこれないようで、呼ばれたらカウンターに取りに行くスタイルが新鮮(笑)で、帰るときも食器をセルフで戻しまーす。

で、クラッフェンバウムさんへGO。
ボラードさんから、車で数分です。
CIMG8942_R
この階段を上がる。
CIMG8941_R
赤と緑のガラスがかわいい扉が入口。
CIMG8939_R
オーナーさんが現地で買い付けてきた雑貨達がいっぱい。
僕は北欧のインテリアが好きですが、北欧はポップでシンプルで柔らかいイメージで、東欧は素朴でなんだか懐かしさを感じるレトロなイメージですかねー。
キッチンアイテムにファブリック、ステーショナリー、かわいいお人形さんとか、大きくはない店内ですが品揃え豊富。
店主様はもともと静岡で雑貨店をしていて、縁あって2年前にこちらに移られてきたそうな。
で、この方々を買って帰りました。
CIMG8948_R
ド定番、マトリョーシカ。
可愛いのもありますが、真ん中が男の子でオモシロイなー、と。

かわいい雑貨、サイコー!
家の中、モノだらけになっちゃいますが。。。。
インテリアは引き算である、とか、日ごろ言ってるんですけどねぇ。
人間とは矛盾した存在である(笑)。

楽しい玉野の1日デシタ☆

「krapfen baum」
おところ 岡山県玉野市築港1丁目11-22
おじかん 12:00〜18:00
おやすみ 火・水・木
おでんわ 0863-33-0803
おくるま なし。
HP krapfen-baum.ocnk.net/


「BOLLARD COFFEE」
おところ 岡山県玉野市宇野1-7-3東山ビル 1F
おじかん 8:00~17:00
おでんわ 090-4812-8845
おやすみ 水曜日
おくるま なし

フックが5つ付いた、壁に設置するタイプの飾り棚を作ってみよう♪の巻。

うちの古屋の狭ーい洗面所、とにかく狭いので収納が足りません(笑)。
そこで、壁面に飾り棚を兼ねたフック付きの収納を作ってみることにします。
設置場所はコチラ。
CIMG8895_R
洗濯機の横の壁。
黄色のテープは下地位置のマーキング。
壁を見るたびに、我ながらよく家中の漆喰塗ったモノだと感慨深さがジワリときて、夏の暑い日にクラクラしながら何か月もコテを握り続けた日々を思い出します(笑)。
で、棚の材を準備。
CIMG8897_R
軽量に作りたいので、材は杉。
1800x150x厚さ15mmの板1枚からパーツを切りだす。
飾り棚の長さは1200くらい。
CIMG8898_R
側面に来る小さなパーツを加工。
切り込みに細いパーツがハマり、上に天板が乗っかる格好。
で、
CIMG8899_R
ボンドとネジであっさり合体完了。
打ち付ける下地がある位置に、ビスの下穴を開けてあります。
CIMG8901_R
こちら側面。
で、
CIMG8902_R
シャビーを目指すので、シルバーグレーの水性ステインで塗装。
外でほったらかした板のような雰囲気にしてくれます。
ま、一番の理由は・・・余ってたから(笑)。
乾いたら、
CIMG8903_R
塗ったときは青っぽいですが、乾くと名前の通りにシルバーグレーになる。
完成したので取り付けます。
CIMG8907_R
水準器で水平を見ながら。
フックは、セリアのL字のやつデス。
早速、色々置いてみました。
CIMG8909_R
棚の奥行は10センチなんで、結構色々置ける。
下地の木材へ打ち付けているので、ガッチリついてます。

壁に何か取り付けるときの注意点ですが、木の板が下地の壁ならどこにでも自由にネジが打てるのですが、通常の場合は下地の角材の上に石膏ボードが貼ってあってそのうえに壁紙が貼られている場合がほとんどです。
石膏ボードは石膏を固めてあるだけの板なのでとてもモロく、ごくごく軽いものならネジで止まらなくはないですが、重量があるものを打ち付けると壁が重さに耐えられずボロッとなってしまう。。。
というわけで、
CIMG8912_R
下地の角材位置がわからない場合は、こういったプラグを石膏ボードに下穴を開けて打ち込んだうえでビス止めすると、かなりしっかりと設置できます。
電動ドライバーがないとキビシイので、安くていいので充電式のが1個あると便利と思います。

というわけで、壁掛け式のフック付き飾り棚をつくってみよう♪の巻デシタ☆

家庭用100V溶接機を使って、スーパーロングなアイアンバーをつくってみよう♪の巻。

冬になって気温が低くなり、お天気が悪いとなかなか洗濯物が乾いてくれません・・・
エアコンで暖房してるので室内干しすればよく乾くのですが、そもそも洗濯物をかけるところがない(^^ゞ
ということは・・・作るしかないですね(笑)

作りたいのは、たくさんハンガーが掛けられる長~いバーですが、木の丸棒で作ると強度を出すために直径を太くする必要があり、見た目がごつくなりすぎてNo coolなので、細くても強度がある鉄でスタイリッシュに作ってみたい。
そのために必要な、あの道具をついに買ってしまいました♪
CIMG8894_R
家庭用小型交流アーク溶接機・アークファンIS-H40BF。
中古&溶接棒付きがヤフオクで5000円でした。
自動遮光のお面はamazonで2500円くらい。
この溶接機は100Vの家庭用でパワーがないので3mmくらいの薄板しか溶接できないけど、素人でも見栄えを気にしなければ十分使える、はず(笑)
溶接のお面といえば手に持つタイプを想像しますが、あれってアークしてないときに覗くとなーんにも見えないくらい真っ暗で素人には難しいので、アークが始まったら勝手に遮光してくれるこのお面も買ってみました。
両手があくので便利でもあります。

まず、パーツの準備。
CIMG8875_R
長さ1820mm、径10mmの丸棒が430円。
910x25x厚さ3mmのフラットバーが200円。
安っ!
この丸棒を、
CIMG8876_R
コンクリートブロックにU字ボルトをセメントで固定しLアングルをボルトに通した道具にセットし、
CIMG8877_R
Lアングルを持ち上げると、てこの原理でぐにゃッと曲がる。
両端を曲げると、
CIMG8879_R
バーの方は準備OK。直角はテキトーです(笑)
次に、フランジ(台座?)を準備。
CIMG8880_R
フラットバーを50mmに切ったモノの真ん中に径10mmの穴をあけ、ビス止めの穴を開けて座ぐりしたものを2つ。
これとバーを溶接で引っ付けます。
CIMG8883_R
溶接の風景。
お面をかぶって、作業台でアースを取り、溶接棒をワークに近づけるとショートしてアークが飛んで超高温となり溶接部が溶解して一体化するわけです。
見事にキタナイ溶接部ですが(笑)、ゆっくり溶接棒を動かしてやることで鉄がしっかりと溶け込んで、それなりの強度はありそう。
いかんせん家庭用なんでアークが飛びにくい上に、溶接棒とワークの距離感がかなり微妙でムズカシくて仕方ないですが、あらかじめバーナーで溶接部を予熱しておくと、素人でもアークを飛ばすことが可能っす。
上と下、両面から溶接したあとハンマーでぶっ叩いてみたけど、びくともしなかった。
溶接部がボコボコしてるので、
CIMG8884_R
グラインダーで平らに削っときます。
最後に表面仕上げ。
CIMG8886_R
油焼き、のようなことをします(笑)。
油を塗りながらなんどもバーナーであぶって塗膜を形成する手法で、本来何度も塗ったりあぶったりするものですが、室内で錆びることもないだろうし、1回油塗ってあぶっただけのナンチャッテ油焼き(^^ゞ
で、完成♪
CIMG8890_R
超ロングアイアンバー、油焼き仕上げ。
ハンガー掛ける部分の長さ、1650mm。
早速取り付けてみました。
CIMG8893_R
梁にネジ止め。
どれだけ掛けても大丈夫そうで、径10mmの丸棒で十分でしたね。
溶接部も両面から溶接したことで十分な強度が出ているようです。

アイアンバー、買うと長さが短いものでも結構しますが、材料そのものは安価なので自分でバチバチできれば超安価で製作することがデキマス。
初溶接で上手にできないけど結構楽しくて、色々作って上達していきたいですね♪

というわけでDIY溶接でスーパーロングなアイアンバーをつくってみよう!の巻デシタ。

↑このページのトップヘ