『nicoworks』(にこわーくす)は福山市でCafe・雑貨・尾道・北欧が好きなインテリアコーディネーターがナチュラルでシンプルな家具&小物をハンドメイドしている木工房です*

隠れ家的コビトなおうちで、ほっこり&すっきり暮らし*Cafeを巡り、家具をつくり、古民家をDIYで改装中。つくる楽しさをお伝えします*

*にこわーくすのYouTube、やってマス♪古民家をDIYした隠れ家的コビトなおうちでノマドな田舎暮らし・楽しいDIYの模様などほっこりお伝え中デス!*

発酵食材にこだわった、体に嬉しいお食事ができるオシャレ食堂。
「発酵食堂UTD」。
CIMG9293_R
はっこうしょくどうユーティーディーさん、です。
うれしい・たのしい・だいすきっ!の頭文字でUTDだそうですが(ドリカム?)、nice naming。
場所は福山市南手城町、ハローズ手城店のすぐ近くで、ジュエリーショップ「エルドー」さんの建物の2Fになります。
ここの2Fにお店ができると聞いて、えっ2Fがあったのねーと新鮮な驚きを覚えた(笑)。
宝石店の脇にかわいいエントランスがあり、扉を開けて階段(結構、急っす)を上がりますと、
CIMG9290_R
オシャレ空間だー♪
半円状の開口部が特徴的ですが、床は打ちっぱなしのモルタル、白を基調にSchickなタイルや古家の解体で出たと思われる古材を梁や柱に使っていたりしてcool。
結構広くてテーブル席やソファ席がたくさんありますが、予約なしで12時くらいに行くとカウンターが2席開いているだけ(^^ゞ
写真に収めたいポイントがいっぱいあったのですが、お客さま多すぎであきらめました(笑)。
ランチはハンバーグやカレーなど3種類あって、限定のUTD発酵ランチにしてみました。
メイン・ごはん・小鉢3つ・お汁・プチデザートで1580円+tax。
着席したカウンターの目の前では女性スタッフさんがテキパキ調理されていて、それを眺めていると注文の品が到来。
CIMG9287_R
うまそー!
ご飯ですが、寝かせ発芽玄米っていう味と食感がUPした上にGABAの値まで増えてるというスゴイヤツ。
メインは黒酢の酢豚ですが、このお肉がなんともジューシーでタレも美味しくて良。
麹が入ったコーンのスープ、ありえないくらいモッチモチなお豆腐に、浸りまくってるナスの煮びたし、豆乳を使った優しい茶わん蒸し、どれもウマシ。
シメに、
CIMG9288_R
ゴマプリン♪
なめらかで甘すぎず、美味デシタ。
開店当初はドリンク付きだったようですが、現在は150円プラスでドリンクをセットするstyleのようです。

確かにイイお値段しますが、お値段以上のお料理をいただくことができて、スタッフさんも感じの良い人達ばかりでとてもステキなお店さまデシタ(^^)。

ご近所のコナズ珈琲さんにも行きたいのですが、まだまだお客様の波が引くのに時間がかかりそうですなぁ(^^ゞ

「発酵食堂UTD」
おところ 福山市南手城町3丁目3ー1  2F
おでんわ 084-999-6173
おじかん ランチ11:00-15:00 お茶14:00-18:00
おやすみ 日曜日
おくるま あり

住宅地の中にある、隠れ家的な一軒家のbread&Cafe。
「u_mo bread and cafe dining」
CIMG9281_R
ウーモ・ブレッドアンドカフェダイニングさん、です。
CIMG9280_R
一軒家をシャレオツに改装してお店にされているカンジ。
場所は福山の北、加茂町のちょっと小高い住宅団地の中ですね。
もともとこちらの場所でパン屋さんをされていたのですが、しばしの充電時間を経て、おいしいパンを提供するCafediningとしてリニューアルされたのでありまーす♪
CIMG9279_R
お店入ると、たくさんのパンとショーケースに入ったかわいいスコーンたちがいる。
右奥が厨房とレジですね。
CIMG9274_R
入って左はテーブル席が二つで、壁にギターが4つ飾ってある。
こちらを夫婦で営んでおられるダンディご主人はギターがお得意だそうな♪
CIMG9267_R
ちっちゃなお庭というかテラスの前のお席に着席。
このうねってる植物のインパクトがスゴイ(笑)。
ランチタイムに伺いましたが、ウーモさんといえばスモーブローなので、迷わずご注文。
CIMG9270_R
スモーブローはデンマークのオープンサンドで、トーストしたパンに野菜とかベーコンとかドカーンと乗せてあるダイナミックなフードですな。

食べるの若干大変ですが(笑)、こちらのパンは炒ったヌカとたっぷりのオリーブオイルで作られたモッチリシットリパン、具材もソースもおいしいし食べごたえもあって良。
CIMG9268_R
濃厚オニオンポタージュスープと、
CIMG9275_R
食後のドリンク&デザートセットで1580円なり。
珈琲は一杯ごとに豆から挽いてくれて、デザートはなんとも爽やかなパンナコッタでした。

で、食べてたら14時過ぎてティータイムになったので、アレも頼んでみました。
CIMG9273_R
チョコとヘーゼルナッツのバナナパフェ、800円♪
イチゴのパフェもあります。
四角い器が特徴的ですがお味もモチロンおいしくて、ぶっ刺さってるお煎餅みたいなのはバナナを薄く延ばして低温でじっくりと焼いてあるものでオモシロイ食感でした。

シックな内装にスローなJAZZが流れる店内も素敵ですが卯本さんご夫婦がこれまた素敵な人達なので、ゆったりCafeにはぴったりなお店さまでした(^^)

「u_mo bread & cafe dining」

おところ 福山市加茂町上加茂63-401

おでんわ 084-971-8688

おじかん 11~18時(デザートは14時~)

おやすみ 火・第2水

おくるま お店の前にあり。


尾道の小高い場所にある、隠れ家的ハイセンスなインテリアショップ。
「Dou STYLE SHOP」
CIMG9262_R
どうすたいるしょっぷサン、です。
一軒家を改装してお店にされていて、
CIMG9263_R
上から見るとこんなカンジ。
白い板張りの壁に、お庭はオリーブとかグリーンがいっぱいの素敵な空間。
場所は尾道駅よりちょっと東、2号線の「防地口」の信号を少し北に上がったところです。
「國本建築堂」のアトリエに併設された雑貨店ですね。
こちらはもともと「NID」という雑貨店だったのですが、昨年7月の豪雨災害でお店の前の擁壁が崩壊してしまいました(うちの家の裏の崖も崩壊して大変だったのですが。。。)
そのお休みしている期間に色々思案された結果、NIDを卒業しDoustyleshopとして再スタートをされることになったわけであります(お店のfbより)。
で、2019年3月Re.Open!
GWの後半になってやっといけました(笑)
駐車場からお店に降りる入口に、
CIMG9264_R
相変わらずカワイイ門が健在。
この右側の擁壁が崩れ落ちていたわけですが、綺麗に石垣も積み直され修復されていました。
うちの裏の崖崩れも土木の業者さんにやってもらったわけですが、正直素人では途方に暮れる状況だったものを見事に復旧していくプロの仕事ってのはほんとに凄かったっす。
実はGW期間中、尾道美術館でリサラーソン展をやっていました。
CIMG9248_R
北欧好きならおなじみ、スウェーデン人の陶芸家リサラーソンさんですが、一言で言えば「世界で一番かわいいことばかり考えている米寿のおばあさん」ですかね(笑)。
それにちなんでDOUさんでもリサラーソンフェアやってました。
CIMG9250_R
お店入ったところ。
お香が焚かれていてイイ香りがするのですー。
基本変わってないようですが、床がペイントされていたり、前よりも品数を少なく絞ってあるような感じ。
店主のクニモトさんはnice senseなんで、暮らしが豊かになるようなオシャレかつ実用的なものしか置いてありません。
で、リサラーソンさんですが、
CIMG9249_R
ちょこっと置いてありました。
どれもめちゃかわいいのですが、なにせヴィンテージの一点ものなのでお値段はかわいくありませんでした(笑)。
CIMG9252_R
僕が好きな金具類とか、
CIMG9255_R
スツールとかあったり、
CIMG9259_R
時計とか生活雑貨とか。
右側にかかってる赤い柄のほうきがうちの玄関に映えるかなーと思い、造りもしっかりしていたのでご購入。

相変わらず素敵なお店で、インテリアの参考にもなるしまた訪れたいですね♪
そういえばお店入った右側に、
CIMG9256_R
フレンチブルがいた。
ちょうど餌をもらったばかりだったようで、グホグホいいながら夢中で食べていました(笑)。

「Dou STYLE SHOP」
おところ 広島県尾道市西久保町27-2
おじかん 13(12?):00-16:00
おでんわ 0848-37-3552
おやすみ 日曜
おくるま 6台分
※営業日、営業時間はHPでご確認おすすめします。
https://www.facebook.com/doustyleshop/

ほぼ本州最南端にある、倉庫をリノベしたBrooklynなcafe。
「Tsubaki Coffee and More」
CIMG9104_R
つばきこーひーあんどもあーサン、です。
椿さんという大阪で珈琲店をされてた方が2017年にOPENされたお店ですね。
木製のガラス窓がオシャレで開放的、ヴィンテージな雑貨とグリーンのバランスが良くてcool。
場所は和歌山県の串本町、ご存じ本州最南端の町でございます。
GW過去最長10連休の初日、前から行ってみたかった本州最南端の潮岬の灯台を訪れたのですが、その近所にシャレオツなcafeがあるというのでモチノロンでGO。
ちなみに福山からだと400キロ、高速走って休憩しながら7時間かからず行けましたー。
CIMG9082_R
駐車料金300円、灯台の入り口で200円払って入場。
GWというのにほとんど人がいなかった(笑)。
灯台の中には階段とハシゴがあり、それを登ると外に出て景色を眺めることがデキマス。
隠れスポットとして、
CIMG9084_R
脇道をそれてこの鳥居をくぐり、
CIMG9086_R
トトロの小道を歩いていくと、
CIMG9087_R
崖っぷちまで行くことがデキマス。
いつもは違うのでしょうが台風のような風が吹いていて(20mくらい??)、なんだか地球のエネルギーというか、うねりというか、息吹を感じた(笑)。
CIMG9088_R
ほんとに最南端の端っこの端っこっす。
行かれた際は、ぜひこちらまでドウゾ♪

で、ツバキコーヒーさんです。
僕は本州最南端のcafeだと思っていたのですが、潮岬の東にある紀伊大島に「Cafe la lapin」というウサギがいるお店があってそちらのほうが若干南にあるので、「ほぼ」本州最南端にあるcafeですね(笑)。
外観もオシャレでしたが、

CIMG9092_R
内装もthe Brooklyn。
ヴィンテージな家具にデッカイ工場系の照明、そして壁にぶらさがる自転車がgood。
CIMG9103_R
こちらのカウンターで最初に注文してお支払い後、テキトーに座って待つstyleっすね。
CIMG9093_R
お水はセルフ。
なぜか横にコンプレッサー(笑)。
サンド系のランチなどもありますが伺ったのが15時くらいだったんで、
CIMG9098_R
カフェラテ500円とプレッツェル280円にしときました。
NYチーズケーキやマフィンもあった。
ちょっと酸味があるけどコクがある珈琲にクリーミーな泡がうまし。
プレッツェルも外カリ中シットリ、程よい塩加減で美味。
ちなみに店内freewifi&コンセント有で都会的っす。

この辺に住んでる若くておしゃれな人はほとんどここに来てるってカンジ?で、チッチャイお子様ヅレのひとたちも次々訪れていていた。
若いオーナー夫婦さまも含めてスタッフさんも丁寧で、こりゃ人気あるわーって感じるお店さまでした(^^)

ちなみにこの後、1時間かけて白浜へ北上したのですが、
CIMG9139_R
晴天の空、真っ白い浜を沈みゆく夕陽が赤く染めていて、
CIMG9152_R
なんだか日本じゃないみたいでした(笑)。
旅って、イイですねぇ。

[TSUBAKI coffee and more]
おところ 和歌山県東牟婁郡串本町串本2435
おでんわ 0735-70-4500
おじかん 10:00~19:00(LO18:00)
おやすみ 水、第2・4木
おくるま あり

元森林組合の古い建築を改修した昭和レトロな森の中の珈琲店。
「森林珈琲」。
CIMG9052_R
しんりんこーひーサン、です。
なんともレトロな建物ですが元森林組合だったそうで、森の中にあるし、それでお店の名前が森林珈琲?
場所は福山北部・山野町で、R182から山野の方に曲がってから15分くらい走りますかねー。
もう少し東に走ると井原の北・芳井があるような立地で、山野の交番と公民館の間にあります。
県道21号から1本入った道沿いですね。
コロンとかわいい赤い旧車・ルノーのキャトルがお店の目印ですが、この車で珈琲の移動販売店「カトルコーヒー」もされてます。
おそらく1980年代の車ですが現役で走ってるのがスゴイ。
CIMG9050_R
新設されたカウンターと、レトロなガラスの建具がかわいい窓際の席、あとはテーブル席が一つ。
カウンターのショーケースにはおいしそうなお手製のケーキがいっぱい。
CIMG9048_R
丸脚がかわいい、ステキな木味のイス。
机もシブイですが、とにかくたくさん設置されてる建具がシブイっす。
金具もカッコいいし、古いモールガラスも味わい深い。
座らせてもらったテーブル席の横に本棚があって、
CIMG9047_R
本の趣味が似てるなーと思いつつ、カバヤビスケットの缶に目が釘付けになる(笑)。
一缶に何枚入ってたんでしょう。
蓋開けたらダッシュで食べないとすぐに湿気ますよねぇ。

で、メニューですが軽食のホットサンドセットと、数種類のスイーツ、珈琲紅茶その他ドリンクといったカンジ。
ホットサンドのセットをご注文。
本日のサンド・本日のスープ、3種類の豆から選べる珈琲のセットで900円。
CIMG9039_R
本日はカレー風味のチキンのサンドでしたが、野菜もたくさん入ってて美味。
スープはサツマイモのポタージュで、こちらも優しいお味で良でした。
CIMG9043_R
珈琲はモカにして、せっかくなのでガトーショコラをいただいた。
珈琲はいわずもがな芳醇でおいしく、ショコラも甘すぎずちょうどヨシ。
器もレトロでいいっすねー。

店主様のお人柄も素敵で、山の中でほっこりできるレトロな珈琲店でした(^^)

『森林珈琲』
おところ 福山市山野町山野3796-1

おでんわ ??

おやすみ  火・水

おじかん 9~17時まで

「※季節で変更してしまうと思います」だそうです♪
おくるま あり

↑このページのトップヘ