『nicoworks』(にこわーくす)は福山市でCafe・雑貨・尾道・北欧が好きなインテリアコーディネーターがナチュラルでシンプルな家具&小物をハンドメイドしている木工房です*

隠れ家的コビトなおうちで、ほっこり&すっきり暮らし*Cafeを巡り、家具をつくり、古民家をDIYで改装中。つくる楽しさをお伝えします*

*にこわーくすのYouTube、やってマス♪古民家をDIYした隠れ家的コビトなおうちでノマドな田舎暮らし・楽しいDIYの模様などほっこりお伝え中デス!*

先日ムスメが誕生し、テンヤワンヤでおむつ交換やら沐浴やらやっている日々なのですが、子供を授かったらDIYerとしてはmustで作りたいアイテムがあったわけです。
「ベビーベッド」ですね~♪
スバラシイ既製品が山ほど売ってますが、やはりムスメっちのために作ってあげたい。
自分で作れば安上がりですしね(笑)
作ったことないのでとりあえずネットで検索し、奥さんに色々ヒアリングして、仕様を決定。
サイズは、購入していたマットレスが1200x800なのでそれが入る大きさ。
柵は、片方だけ下にスライドしてopenするスタイルで。
あとはシンプル北欧風でヨロシクね☆
ということで制作スタート!
いつも通りcadで作画。
スクリーンショット (2)_R
完成サイズはW1276xD756xH1250、うちの狭い寝室には確実に大きすぎだわ。。。南無。
材料はHCの格安2x4・1x4材と、ネットで叩き売りされているのを発見した直径15mmの丸棒を多数、マットレスを乗っける杉の合板、あとは柵をロックする金物。
全部で7000円くらいっす。

色々忙しく娘ちゃん産まれてから取り掛かったんで、怒涛の勢い、無我夢中で加工(笑)。
で、土日の2日間すべてを費やして完成♪
下の工房でパーツ9個に分けて製作し、2Fへ持って上がってから合体。
CIMG9610_R
ベビーベッドだけど、大きすぎて可愛くない存在感が圧倒的。
柵ですが、
CIMG9611_R
このオートラッチっていう金物でロックされてまして、
CIMG9612_R
解除ボタンをカチャッとやるとロックが外れ、柵の側面に刺さっている丸棒が、枠に彫ってある溝をスライドして上下するわけです。
突貫工事で作ったんで色々荒いですが、ご勘弁クダサイ(^^ゞ。
CIMG9613_R
柵を一番下まで下げると、こんな模様。
下のスペースも色々収納できます。
ちなみにキャスターは付けてないですが、100均の家具が滑るシールを下に貼ってるので結構軽快に動かすことがデキマス。
触っても痛くないように、角という角をすべて丸めてます。
マットレスを敷いている板も可動するので、娘ちゃんが成長したら1段下げてやれば結構長く使えるかな~
使用後の解体&再利用を考えて、ボンドは使用していません。

僕らが寝ているのは自作のヒノキベッドでこれもいい匂いしますが、作ったbabyベッドも木の香りがして、娘ちゃんからも赤ちゃんのいい匂いがするし、なんとも癒されますなぁ。
夜に泣かれて寝れないのはキビシイですが(^^ゞ
自分も親をやってみると、自分の両親に対する感謝がハンパないっすね。
良く育ててくれたものです。
みなさん、ほんとに親孝行しましょう(^^♪

というわけで、DIYerの新人パパがbabybedを作ってみた!のお話しデシタ☆

ただいま、「空き家」が大きな社会問題になっておりマス。
specific-empty-house-1
こんなカンジで草ボーボーだったり窓が割れてたりですが、みなさんがお住まいの近所にもないですか?
管理者がいない空き家が劣化し景観も含めて周囲に様々な迷惑をかけているのですが、そのような放置playな住宅が激増しているわけです。
空き家になる理由はいろんなケースがありますが、よくあるのは田舎から若い人が都会に出て行って定住したあと田舎のご両親がなくなり、相続はしたけれども帰って家の面倒をみることができないっていうケース。
そもそも、人口が減少しているのに新築の戸建てもアパートもマンションも着工数が増えてるので、家がどんどん余るに決まってます(^^ゞ

インテリアコーディネーターなので海外の住宅も興味があり実際に北欧に勉強しに行きましたが、欧米では住宅寿命がとても長くてイギリスだと140年、アメリカも100年は自分でメンテナンスをしながら住むわけです。
文化や環境、歴史が違うので単純に比較できませんが、日本は帳簿上22年で価値が「0」になり、だいたい30年で建て替えが常識になってしまってます。。。
だけど、ちゃんと手入れをしていれば40年でも50年でも住むことは可能です。

1つ残念なのは、日本の施工効率を重視した新建材(壁紙・サイディング・合板のフローリング)は無垢の自然物ではない「ニセモノ」なので経年劣化しかせず、ひたすらボロくなるだけ。
無垢のフローリング、漆喰や無垢板・レンガの外壁とかだと、「経年美化」するのですが(建築コストは上がります)。

僕は古いモノが好きで築120年の納屋を自分で直して住んでますが、街を走っていると古いけど手を入れれば全然住めるのに相続などの問題で放置されているおうちが多く、もったいないなぁというか、ちょっと悲しくなりマス。。。

そんな僕にこんなお話しがやってきました♪
セルフDIYで納屋をリノベしたのを知ってる人が、オシャレな賃貸の戸建てを探しているのだけどなかなか物件が見つからず、安い家賃であなたのセンスで修繕された家があったら借りるんだけど?というご相談をいただきました。
古家の再生は社会的意義もありますしオモシロイなぁと思ったので物件を探してみました。
「安い家賃で」というところを考えると安く購入する必要があるわけです。
リフォーム費用も考えると限りなく安く手に入れたいですが、そもそも市場に出回っている中にはそのような物件がありませぬ(^^ゞ

そこで、もし福山市近郊の一戸建てを、処遇に困って放置されている方やそういう方をご存じの方がいらっしゃいましたら、「お問い合わせ」の方からご一報くださればと思います。
草ボーボーでも残置物モリモリでも構いません(笑)
状態等を確認し、価格や条件等ご相談させてください。

想いが詰まった大切なおうちを僕が修繕し、大事に活用します☆

瀬戸内海を見下ろす児島・王子が岳の山頂ちかくにある、絶景のcafe。
「belk」。
CIMG9505_R
ベルクさん、デス。
belkはドイツ語で「山」の意。
全面ガラス張りのお店の向こうに見えているのは、瀬戸内海の海と島々。
お店があるのは倉敷市児島・王子が岳っていう瀬戸内海国立公園に指定されている場所の山頂付近になります。
王子が岳といえば巨岩や奇岩が織りなす造形美が素晴らしい!
そして、とあるアクティビティのスポットで有名ですが、後にご紹介します。
福山からだと高速使って1.5時間くらいすかねー。
CIMG9463_R
水島IC降りて南下して、児島の町を東に走って、王子が岳の看板出たらひたすら山を上がっていくと駐車場があり、そこからは100mくらい?徒歩で移動すると、
CIMG9387_R
「王子が岳パークセンター」ってのがあって、この中にお店があるわけです。
オーナーは北村さんという音楽家のお兄さんで、瀬戸内の景色をみんなに知ってもらいたいという想いで2017/10にOpenされました。
ガラスの開き戸を開けて入りますと、
CIMG9494_R
センターの長机とアールしたカウンター席。
目の前に広がるのは瀬戸内海の眺望、そして空飛ぶ人達!
お察しの通り、ここはパラグライダーの発着場?として有名で、パークセンターの横にテイクオフする芝生の場所があるのです。
CIMG9499_R
みなさん上手に風を受けて離陸していく。
ほとんど、オジサマですね♪
CIMG9497_R
メッチャ飛んでるー。
で、お店に戻りますが(笑)、
CIMG9469_R
最初に入って右のカウンターで注文して、お支払いしてから自由に着席するstyle。
コンクリートの打ちっぱなし感と、木のぬくもり、アンティークの家具や緑がイイカンジにバランスしてシャレオツ。
ちなみに長机やテーブルとかはオーナーさんがDIYされているそうな。
メニューはドリンクとケーキ、トーストというライトなカンジなので、カフェオレとトーストを頂くことに。
CIMG9479_R
カフェオレ550円・メープルシロップのトースト380円。
フレンチローストな深みとクリーミーなミルクの融合?がスバラシイ。
トーストは小ぶりなサイズだけど味わい深く、普段メープルシロップたっぷり掛けたりしないんで、なんかセレブリティ(^^)
CIMG9475_R
荷物入れのカゴは入口左。
CIMG9474_R
お水はセルフ。
ちなみにスイーツやパンは「BREAD&DOUGHNUT HOHO」さん提供。

本当は夕日の時間帯に行きたいトコロですが、時間的に福山人にはなかなかキビシイっす。

mellowなBGMが流れる店内で、すばらしい眺望を見ながら飲む珈琲、サイコーです♪

なお、道中に「belk」と書かれた看板は一切ないので、王子が岳パークセンターを目指していってみてください。

「belk」
おところ 岡山県倉敷市唐琴町7 王子が岳パークセンター
おじかん 平日 12:00~日没頃・土日祝 10:00~日没頃 
おでんわ なし
おやすみ 不定休・お店のインスタグラムで確認してみてくださーい。 

児島の小高い丘に建つ、古蔵をリノベしたアンティークCafe。
「caffe antico Sion」。
CIMG9418_R
かふぇあんてぃーこーしおんサン、です。
とても立派なナマコ壁の蔵で、緑に覆われている。
CIMG9417_R
入口の門をくぐると、
CIMG9415_R
右手にとても趣のある蔵の入り口がある。
お隣はオーナーさんのご自宅ですね。
築140年!の蔵を見事に改装され、16年にopenされました。
暖簾をくぐって扉を開けると、
CIMG9412_R
めちゃ重厚なエントランス。
この分厚い土壁が安定した温度と湿度の空間を作り、蔵内の保管物を守るわけですね。
CIMG9413_R
これぞ大正ロマンなポスターが素敵。
奥はトイレっす。
扉を開けて入って、とりあえず靴を脱いで上がります。
1Fのお席は常連さんで埋まっていたので、2Fに上がらせてもらいました。
もともと蔵の中にあった古いモノやオーナーさんが収集しているアンティークな品物がたくさん置いてあり、気になるものがたくさんあったけど、ゆっくり見れなくてザンネン。。。
CIMG9410_R
階段を上がりますと、
CIMG9407_R
見事なる素敵なリノベーション。
それにしても天井が高い蔵で、僕が直して住んでる築120年の天井が低い納屋とは大違いだなぁ、うぐっ。
吹き抜けになっていて、
CIMG9395_R
オーナーのお孫さんとママさんが夏休みの宿題をしていた(笑)。
なんといってもピクチャーウィンドウからの眺望がすばらしく、
CIMG9405_R
児島を一望♪
このカウンター中央の席は特等席で、オーナーさんselectのクラシックやジャズに耳を傾けながら静かに珈琲を飲むヒトトキは至福の時間でしょう。
ま、僕らが行ったときは先客がいたので座れませんでしたがー(^^ゞ
CIMG9404_R
ギャラリーも兼ねていて、いろんな作家さんの作品が飾ってある。
2Fのソファの席に座らせてもらって、お一人様ワンドリンクオーダー制ということでこちらを注文。
CIMG9401_R
岡山の白桃パフェ(安富牧場ミルクジェラート・桃ジェラート・清水白桃コンポート)、900円なり。
桃の量がスゴイですが、これでもか!っていうカンジで美味しいものを合体させてあるので、美味しいのはいわずもがな。
CIMG9403_R
オーガニックの珈琲もいただきました。
こちらの珈琲は深煎りなんで、いつも飲んでるのより濃いカンジ。
僕は年がら年中、珈琲はHot派ですねー。
お盆と、添えられてるチッチャイ緑が、かわいー。

普段はオーナーさんの娘サン2人がされてるようですが、この日は奥様もいらっしゃって、みなさんとても気さくな人達で、楽しい時間を過ごせるお店さまでした☆

ちなみにケーキやクッキーのほかに、軽食のサンドのセットがあります。
土曜限定でカレーのランチがあるようですが、予約はできないようでした。
CIMG9419_R
駐車場にとめて、ここを下に降りていくとお店がありんす。
下から上がってくる道が若干狭いんで、ボチボチいってくださーい。

「caffe antico sion」 
おところ 岡山県倉敷市児島下の町2-7-32
おでんわ 086-472-3447
おやすみ 日・月・火
おじかん 11:00~17:00
おくるま 5台

南イタリア料理が楽しめる、美観地区の趣のある古民家をリノベしたトラットリア。
「トラットリアはしまや」。
CIMG9383_R
とらっとりあはしまやサン、です。
ナマコ壁や格子の建具などこれぞ美観地区!といった外観が素敵ですが、もとはガレージとして使っていたものを改装して2010年にOpenされました。
CIMG9384_R
この通りの右手がトラットリアはしまやさんで、道挟んで反対に夢空間はしまやさんがあります。
夢空間の方もお茶やランチができます。
トラットリアはみんなでわいわい楽しめるカジュアルなレストラン、みたいな感じですかね。
場所は美観地区の東南の端っこ、倉敷市民会館のちょい北くらい。
ランチは11:30から1時間おきの3部制、基本的に予約が必要ということで予約して行きました。
入り口に、
CIMG9382_R
針金のシェフ。
シェフは楠戸さんという方ですが、自ら農家さんのところへ行き、自らの目と舌で食材を確かめ、絶対に間違いないと思ったものをご提供されているそうで、すごいコダワリ。
CIMG9374_R
店内ですが、きれいな白壁と立派なカウンターテーブル、古い建具や細かい木の装飾や格天井、セイコーの古時計とか、とにかくステキにリノベされてます。
ランチのメニューですが、2000円のパスタランチと、それにメインやデザートを加えてコースにするものがあるようで、今回は2000円のパスタランチをご注文。
先付けに前菜、6種類から選ぶ月替わりのパスタという内容。
最初に先付。
CIMG9376_R
スープにフォカッチャ、フリットに、イタリアの卵焼き的なやつ。
どれも美味ですが、スープに沈んでいたナスと山椒を和えたのが凄くうまかった。
お次、前菜。
CIMG9378_R
夏野菜てんこ盛りマリネ、レモンソースと共に。
基本的に前菜は岡山の魚介を使ったものになりますが、ちょっとニガテな魚介が入っているっぽかったので、豚にしてもらいました。
お野菜の鮮度がいいのか、食べてるとなんだか元気になっていくような気がするー♪
で、パスタ。
CIMG9379_R
イカのワタと干しソラマメのラグーソース、手打ちショートパスタ。
イカは好きっす。あは。
ソース濃厚で山椒も効いていて美味しくて、200円だして大盛にしてもらえばよかったと反省。

ステキな空間と気さくなシェフ&スタッフさん、料理も美味しくてサイコーの時間を過ごすことができ感謝デシタ☆

「トラットリアはしまや」
おところ 岡山県倉敷市東町2−4
おじかん ランチ 11:30~13:30 (L.O)
     ディナー 18:00~21:30(L.O)
おやすみ 火曜日
おでんわ 086-697-5767
おくるま なし

↑このページのトップヘ