『nicoworks』(にこわーくす)は福山市でCafe・雑貨・尾道・北欧が好きなインテリアコーディネーターがナチュラルでシンプルな家具&小物をハンドメイドしている木工房です*

隠れ家的コビトなおうちで、ほっこり&すっきり暮らし*Cafeを巡り、家具をつくり、古民家をDIYで改装中。つくる楽しさをお伝えします*

*にこわーくすのYouTube、やってマス♪古民家をDIYした隠れ家的コビトなおうちでノマドな田舎暮らし・楽しいDIYの模様などほっこりお伝え中デス!*

うちの改装古屋は狭小なので、当然キッチンも狭いデス(^^ゞ。
ワークトップも小さいし収納も少ないので、スペース確保するのに移動式のキッチンワゴンがあれば何かと便利。キッチンだけじゃなくてサニタリーとかリビングとかにあっても便利なお品。
IKEA製4999円の鉄製ワゴンが安いしかっこよいですが、広島は配送料が高いし、神戸まで行ってもいいけど多大なる時間とコストが発生するので、やはり自力で製作することにします。
海外ではkitchen cartっていうみたいすね。
そういえば広島駅北口に出店するIKEA広島店、2020年までにできるって話しですがいつになるんですかねー。

でkitchenwagonの概要ですが木製で移動可、デザインは華奢でレトロでシンプル、低コスト、タオルや布巾を掛けるバーを付けて、少し鉄も使ってインダストリアルなテイストも取り入れつつ・・・ごちゃごちゃ(笑)、まぁやってみます。
サイズはW600・D235・H750に決定して、いざ製作Start!

材ですが、
CIMG8385_R
1x10材を1枚ユーホーで買ってきて、あとは作業台を解体した残材の1x4。以上!
まず、棚板のほうから準備。
CIMG8386_R
600幅で3枚切断して、
CIMG8389_R
端っこ4カ所切り欠き。棚板終了。
で、脚の加工。
CIMG8387_R
1x4材を縦半分に挽き割って700でカットし、
CIMG8388_R
4本並べて切り欠き。
この切り欠いたところに、棚板をはめるカンジですね。
仮に組んでみる。
CIMG8390_R
グー。ということで、組み立てます。
CIMG8391_R
ボンドを塗ってはめ込んだ後、裏からネジ止め。
組み終わったら、
CIMG8408_R
ワトコで塗装。
お次に取り付けるタオルバーを準備しますが、
CIMG8407_R
セリアのキッチンペーパーホルダーがジャストサイズなので、扉に引っ掛けるところを切断しネジ穴を開けて使用。
CIMG8409_R
キャスターも艶消し黒で塗装して、取り付けて祝完成。

CIMG8411_R
super simple(^^)。
飾り気は一切ありませんが、すっきりスリムに作りたかったので、良。
華奢だけど切り欠いて噛み合わせているので僕が乗っても大丈夫な強度はあります。
CIMG8412_R
タオルバーにぶら下がるマイケル(笑)。
鉄のパーツも自分で溶接して作りたいなー。100vの家庭用溶接機買おうかしら。

というわけでDIYでkitchenwagon製作の巻、デシタ♪

日々がんばっているママさんが喜びそうな雑貨が並ぶ、オトナカワイイzakkashop。
「Regalo まつなが店」。
CIMG8403_R
レガロ松永店さん、です。赤いペイントとOpenなガラス窓がステキ。
場所は柳津のニチエーの横、しまむらの県道挟んで向かい側。
昔は靴屋さん?で、釣具屋さん?とかもやっていて暫く空いていたテナントですが先日、通りかかったときに何やらお店になっていて、看板にRegaloと書いてある。
こちらは三原駅の近所にある雑貨店Regaloさんの2店舗目なのでした。
三原店よりもこちらのほうがだいぶ面積が広いですね。
三原店はこの度の豪雨災害の影響でしばらくお休みされていたようですが、営業再開されたみたいです。
CIMG8395_R
鉄のフレームで組んだ天井につり下がった照明がオシャレ。
かわいいものいっぱいなのですが、
CIMG8394_R
躍動感あふれるカエルとか、
CIMG8396_R
のっぽなキリンさんの棚とかありました。
キリンさんの向こうはフリースペースになっているようでした。
で、まつなが店はちょっとしたcafeスペースが設けられていてお茶したりできるのですが、面白いソフトクリームを販売されているのをFBで発見したので食べて帰ります。
CIMG8397_R
まっ黒バニラソフト!320円。
なんともblackなお品ですが、竹炭入ってるそうな。
Agioさんのピザ生地と同じだー。
甘さは控えめ、でもって濃厚でおいしいのですが、何せ口の周りがまっくろになります(笑)。
食べた後はしっかりと口の周りをふいてくださいね☆
ほかにも種類いろいろあって、
CIMG8400_R
とうふミルクとか、ホワイトコーヒーとか面白いですが、実は地味に定番のチョコがうまいとお店の方は仰っていました。
スタッフさんもきさくな方たちで、かわいいものいっぱいの楽しいお店さまでした。

「レガロまつなが店 cafe&zakkashop&Freespace」
おところ 福山市柳津町2丁目3-34
おでんわ 084-939-6155
おじかん 10:00-19:00
おやすみ 基本なし、みたいですがFBで確認を。
おくるま 5台


平成30年西日本7月豪雨によって甚大な被害が発生してしまいました。
本当に心からお見舞い申し上げます。
連日の報道で被災地や家族を亡くされた方の映像を見るたびに心が痛み、僕らも親戚の安否を確認したり、何か協力できないかと思い募金をしてみたり、支援物資を準備したり。
少しずつ復旧しつつありますが酷暑の中の困難な作業、まだまだ先の見通しが立たないきびしい状況。

うちの家も山の斜面に立地しておりまして。
7/7、降り続く雨に眠ることができず、福山地区の雨雲レーダーと累積雨量をPCでニラメッコしながら過ごしていたのですが、朝6時ごろドサーっというすごい音・・・見に行くと、
P_20180707_163548_vHDR_On_R
土砂で家が・・・!累積400mmに迫る雨に、山が耐えられなかった。
かろうじてサッシは避けたけど、エアコンの室外機は完全埋没。
二日後、市の人と建設業者の人が来てくれましたが、ここは狭すぎて機械が入らないので人力での作業になり、その土砂の量が概算で2トンダンプ10杯以上。。。
一体撤去にどれくらい時間とお金がかかるのだろう?
さらに崩れた場所が私有地の畑だから補助金が出せないとか。。。

でも、家がつぶれなくてよかった!ご先祖様と大工さんに感謝。
おかげさまで命はあります。命があれば、儲けモンです。
自費でもなんでも土砂を撤去してもらい、次の豪雨に備えて準備をする。

自然災害は理不尽で無慈悲な出来事です。
家や家族を失われた皆さんのお気持ち、ご苦労は計り知れません。
だけど森羅万象から勉強させてもらうほかないです。
前よりも改善して改良してよりよく幸せに生きることが、失ったものに対する最良の報い。
先人たちはそうやって今まで営々と命のバトンをつないできたのだから。

と、僕は思って生きている人間です(^^)。
あと、うちのジィさまがいつも、

「人生なにくそ。知恵と工夫で乗り越えるんじゃ」

と言ってます。負けたらダメなんです。
うちの土砂崩れもまったく復旧の予定がたちませんが、笑顔で工夫して乗り越えます。
『一笑百福』、です。

各地で復旧に力を尽くされている皆様。
とにかく長丁場、くれぐれもお体に留意してください。何よりもご自身の健康が第一です!
僕らも家と大切なものを守るために顔晴って戦います。

美と健康&Happyを食から提案するカフェレストラン。
「natural kichen Agio」。
CIMG8372_R
アージョさん、デス。cafeは扉を開けて階段上がって2F。
レンガをまとった素敵で、結構デカい建物。
美の殿堂、ファシオール本店ワンダーランドのcafeですね。
ヨガやバレエのスタジオにエステ・ヘアサロンなどなど、まさに美容のワンダーランドな企業サマ。
この前、パリにもお店をだされましたよね。
そこが運営する飲食店なので、
体の内側から美を目指すmenuがいただけます。
CIMG8371_R
左壁にはイラストのツリーと案内黒板。
そして右壁にはなんと、real ツリー!おったまげ。
どうやって搬入したのだろう・・・
CIMG8370_R
階段上がったところから。
木をふんだんに使ったぬくもり感のある内装。
CIMG8366_R
公園が望める窓際が一等席☆
but、僕らが行ったときは先約さんがいて座れませんデシタ(^^ゞ。
アージョといえば、
CIMG8363_R
この天体リズムに則った食事の提供でございます。
月の満ち欠けと人間のサイクルがリンクしているって、宇宙の神秘。
特に女性はそれが顕著に出ますよね。
賢明な先人たちはそれに気づいて「月経」みたく月という字を使っているわけで。

で、ランチメニューはほーんとにたくさんありまして、どれも美容と健康によさそうで迷ってしまいますが、本日はこれ。
CIMG8369_R
「竹炭入り オイルサーディンと有機ベビーリーフの黒ピッツァ」。
ドリンク付きで1350円+tax。
オメガ3ってのがイッパイ入っていて免疫がアップするそうな。
オイルサーディンが乗っかった炭入りのピザなんて初めてでしたが、なかなか美味でした♪
ほかにもグルテンフリーのパスタやヘルシー豆乳スープ麺とかありますが、お次は『森のプチセレブコース』2000円をぜひいただきたいー(^^♪

なんだかとてもウキウキ楽しそうに仕事されてるスタッフさんも素敵で、ホスピタリティ高めなお店さまでした。

ちなみに1Fにバレエのスタジオがあるのですが窓が開いていて、駐車場を歩いているとレッスン中の方とついつい目が合ってしまって気まずかったー(^^ゞ。
次は見ないようにしたいと思いマス(笑)。

「ナチュラルキッチン アージョ」
おところ 福山市松浜町3丁目7-42(緑町公園ばらの丘前)
おでんわ 084-927-0831
おやすみ 水曜日・第1火曜日
おじかん 平日08:30 ~ 18:00 土日祝08:30~20:00

時間帯によって注文できるmenuが変わりまーす。
詳しくはHPでご確認くださいマセ→☆★☆

ムシッと暑くなってきて体調管理がムズカシイ季節柄。
毎年この時期に体調絶不調に陥るので(笑)、
健康維持の一環で「フルーツビネガー生活」をしてみることにします♪。
疲労回復&元気いっぱいを目指していざ開始☆

といっても作り方は簡単で、
「お酢+フルーツ+氷砂糖」を容器にいれてほっとけばいいんですが、
時間がかかるのがネック。なので時短で完成するマシーン、
ツインバードの「フルーツビネガーメーカーEH-DF86G」を使ってみます。

まずは、
CIMG8348_R
材料を入れるハリオのガラス容器を煮沸消毒。終わったら、
CIMG8350_R
フルーツ→氷砂糖→お酢、の順で投入。今回はイチゴ&ブルーベリー。
「フルーツ:氷砂糖:お酢=1:1:1」が基本ですが、
詳しい配合比率は付属のレシピに載ってます。
で、
CIMG8353_R
あとはマシーンにセットして、24時間放置play。
ランプが青から黄色に変わったら完成!
この簡単さならずぼらな僕でも大丈夫ー(笑)。

24時間経過。
CIMG8355_R
イイカンジ。イチゴは色素が出て白っぽくなりますね。
CIMG8356_R
ガラスの容器に移します。あとは冷蔵庫で保管。

できたビネガーはちょっとお酢がきついのでフツーに炭酸水で割ったり、
CIMG8318_R
ヨーグルトにまぜたり、
CIMG8358_R
豆乳や牛乳でわるとヨーグルトみたいにまろやかな風味。
カフェで飲んだら500円?(笑)。

この簡単ビネガーメーカーですが、
甘酒やヨーグルト、ピクルスとかいろんなものが作れて楽しいデス。
amazonで3500円で買いましたけど、これで暑い夏を乗り切れたら安いなー。
amazonで購入する際は、MONORATEという価格動向を調べることができるサイトで相場を調べたほうが良いデス。
短い間隔で大きく価格が動いていたりするので、思わぬ高値掴みを防げますー。

気軽に安くおいしく健康ドリンクが作れるのでぜひお試しあれ♪

ちなみにリンゴ酢はamazonの1.8リットル入ペットボトル、
氷砂糖はダイレックスで売ってるのが今のところ最安値。
ご参考までに(^^♪


↑このページのトップヘ